居室フロアタイル施工 / 4LDK【鴻巣市】

今回は戸建ての床リフォームの紹介です。

既存のフローリングの傷が目立ったり、板の幅が狭くてなんか昔っぽい・・・

そんな時におすすめなのがフロアタイル施工です!

クッションフロアと比較すると金額はどうしてもアップしてしまいますが、仕上がりの左派一目瞭然です。

さらに傷も強い為、クッションフロアでよく起こりがちな家具の跡もつきにくく、フロアタイルの方が【見た目】も【持ち】も勝るので長期的に考えるとお得なのかも、と思うこともあるくらいです。

しかしそんなフロアタイルにも弱点があって、クッションフロアとは違い、1枚1枚の木目調のタイルを貼っていく施工方法となる為、1枚が剥がれてきたり、水が隙間から入ってしまい剥がれに繋がるなんてこともあります。

ですので、例えば水回りにはクッションフロア、居室にはフロアタイル、などといったように使い分けを行うのが一番良い方法かと思います。

今回は居室だったので床はフロアタイルの施工にしました。

色味は少し異なりますが、既存のクローゼットドアや窓枠などの建具とも程よく馴染んでくれています。

こうして施工御の写真を見るとデジタルカタログとも少し差があるので、柄を選ぶ時は全体にこのフロアタイルを施工したらどのようになるのかをよく想像しながら選ぶのが秘訣です。

自分が選ぶ際はいつもインターネットで品番を検索して、実際に施工した写真がないかをチェックしています。

この投稿も少しでも同じような方のお役に立てれば・・・と思っております。

今回使用したフロアタイルはこちら↓

フロアタイル・・・・・サンゲツFLOOR TILE(2019-2021)WD-888

※上記の品番は2021年5月13日現在のものです。カタログの刷新にあたり変更となる場合がございます。

スポンサーサイト