クロス張替え・壁紙張替えなどの内装リフォームを低価格で良質に施工させていただきます。空室対策やリノベーションなどにぜひご利用ください。内装工事のお見積もりは無料でご依頼いただけます。

人気のクロス及びクッションフロア品番紹介

  • HOME »
  • »
  • 人気のクロス及びクッションフロア品番紹介

クロスやクッションフロアの柄は毎年新しいものが発売されています。その中には一時的な流行りものから不動の人気柄などがあります。

こちらでは、当社の売り物件や管理物件でも使用している賃貸物件の空室対策や早期不動産売却必須の人気クロス及びクッションフロアをご紹介しています。

スタンダードクロス&ハイグレードクロス編

スタンダードクロス(740円/m)

洋室等一般用

LBはリリカラで、SPはサンゲツです。
メーカーの違いから写真の撮影方法が異なりますが、遠目で見るとどれも白色に見えます。

リフォームでクロス張替えのスタンダードクロスの中ではイチオシの品番です。
理由としては、リフォームの場合は、壁の下地による仕上がりの影響が大きいのですが、こちらの場合は、リフォームにて適した厚手で壁の下地が出てこないのと、量産品の中では高級感のある模様となっているためです。

リリカラ、サンゲツともに模様はほとんど変わりませんが、色味がリリカラは3種類、サンゲツは1種類となっています。

定番クロスです。写真ではボコボコしているように見えますが、織物調でシンプルな厚手の織物調生地です。
定番中の定番クロスなので、数年後に張り替えが必要になったとしても、廃番にならないので同じクロスで面単位でまた張替えが可能なため安定した人気があります。
厚手なため下地の具合に左右されることもほとんどなく、美しい仕上がりになります。

こちらは、最近人気のある量産品クロスです。
小さなブロックのような模様で高級感があります。
生地も厚めなので原状回復工事にはぴったりのクロスです。

ただ、柄合わせのための部分(リピート部分)があるので、その分、少しクロスの量が増えてしまいますが、それを上回る満足感が得られるクロスです。

和室向け

和紙のような見た目でスタンダードクロスの中では高級感があります。

生地も厚手なため、下時の影響もほとんどなく、仕上がりもいい感じとなります。

和室の全体の色を暗くしたくない方におすすめです。

2枚目の画像だと分かりやすいですが、横に流れるような模様が入っているので、高級感がありモダンな雰囲気にぴったりです。

こちらは、塗料で塗ったような表情を持つ和室向けのクロスです。

クロスが和室の壁に溶け込み、主張をせず当たり障りがない仕上がりになります。

水回り向け

縦に模様が入っているので洋室などは雰囲気などは変えつつも、下地の影響も受けにくく、柄合わせの為の部分(リピート部分)も無いのでおすすめです。
また、いかにも水回りという雰囲気もない為人気です。

こちらも上記のSP-2129と同様に、縦に模様が入っているので洋室などは雰囲気などは変えつつも、下地の影響も受けにくいのでおすすめです。

しかし、柄合わせの為の部分(リピート部分)があるのでクロスの量が増えてしまいます。

ハイグレードクロス(1,200円/㎡)

昨今、白い壁、茶色の床といったどこにでもあるような内装リフォームでは、満室経営あるいは不動産早期売却は難しい時代となっています。

そこで、4面ある壁の1面のみにアクセントクロスとして、色のついたクロスや柄のあるクロスを使用して、ぐっと物件の印象をアップさせてライバル物件との差別化していくことが重要になります。

カタログ等で見ると柄が細い為全体像が想像しにくい印象であり、濃い色が強すぎる様に感じますが、パキっとしたブルーに白が入っている為、スタイリッシュかつ、程よく北欧のデザインを取り入れることができます。

相性の良い巾木などのカラーは白で、床材も併せて白系でまとめることで綺麗なブルーが引き立ちます。

不動の人気のレンガ調。
明るめのカラーなので、全体の雰囲気が重くなりすぎずオシャレ度がアップします。

木製の家具などが多いナチュラルな雰囲気のお部屋に合います。

巾木などは同系色の薄い色ではなく白、黒、ダークブラウンなどのハッキリとした色と合わせるとぼやけず、引き締まります。

近頃女性に人気のフレンチカントリー風のお部屋にもぴったりの壁紙です。施工例の様に床から天井まで使うのも良いですが、モールディングなどを使って腰壁風にするのもお洒落です。

相性の良い巾木などのカラーはやはり白ですが、木目があるので茶色でも上手に合わせることができるかと思います。

多くの人が一度は憧れるコンクリート柄のクロス。壁4面使ってしまうと冷たいイメージになってしまいますが、1面だけ使うと引き締まったモダンなイメージに早変わりします。

相性の良い巾木などのカラーは白色で、巾木を無くすことでさらに本物のような見た目に近づきます。
また、木との相性も良いので明るめ〜暗めのものまで、想像よりも合わせやすい柄です。

クッションフロア編

クッションフロア(2,400円/㎡)

木目が綺麗であるだけでなく、ミルキーウォッシュ仕上げなので優しい質感が特徴のクッションフロア。

相性の良い巾木などのカラーは白〜グレーあたり。
これにさらにモールディングや、はっきりとした色の家具や小物などを合わせれば北欧系の部屋にすることも出来ます。

明るいですが、白すぎず温かみのある色合いのクッションフロア。
木目は綺麗ですが主張が強すぎないので、どんな雰囲気のお部屋のも合わせやすいです。

相性の良い巾木などのカラーは白〜グレーあたり。
明るい色の巾木を使用すると、黄色の補色である紫色の壁紙まで、様々な色を綺麗に合わせることができます。

無垢材のような木目が美しいクッションフロア。
表情豊かな木目が部屋全体を明るくしてくれます。上記のHM-4057と比べて黄色味が抑えられているので、全体的に白めの家具や建具と合わせたい場合におすすめです。

相性の良い巾木などのカラーは白〜グレーあたり。
木目の主張が強いので、木製の家具との相性が抜群です。

暗めの色ですが、木の節や木目の表情が豊かなので、暗すぎず高級感のある仕上がりになります。

相性の良い巾木などのカラーは黒〜茶色あたり。
白系にすると色に差がありすぎるので、床から壁へと色が馴染むように選ぶのがポイントです。

洗面所やトイレなどの床におすすめです。
白い大理石調のクッションフロアなので、高級感があるだけでなく水回りに必要な清潔感を与えてくれます。

相性の良い巾木などのカラーは白〜黒色まで幅広く、合わせやすいかと思います。

しかし床が白いと髪の毛や埃などが目立ちやすいので注意が必要です。

スポンサーサイト

PAGETOP